山口俊投手の年俸推移!背番号や球種や球速は?2018年成績予想も!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する選手は、読売ジャイアンツに在籍している山口俊投手について紹介していこうと思う!

 

山口俊投手と言えば、高校時代に甲子園の経験している投手であり速球派の投手である。

 

後で野球経歴も紹介するがプロ野球のドラフト会議では横浜ベイスターズ(現DeNAベイスターズ)からドラフト1位指名を受けて入団することになるんだ。

 

プロの球団からドラフト1位指名されるんだがやはり相当実力がないと1位で指名されることはない。

 

後に読売ジャイアンツにFAを行使して移籍することになるんだが、移籍するだけの成績を残していることも分かるよな。

この記事では、年俸推移と背番号や球種や球速について書いていこうと思う。

 

また、2018年のシーズン予想も併せて行うぞ!

 

【関連記事】

山口俊投手が現在2018年に巨人復帰の可能性は?解雇の場合の契約金はいくら?

スポンサードリンク

山口俊投手のプロフィールは?





名前    山口 俊(やまぐち しゅん)

出身地   大分県中津市 

体重    97キロ 

身長    187センチ 

ポジション 投手 

投打    右投げ右打ち

 

管理人も同じ九州出身なので、プロ野球選手が活躍してくれるととても嬉しく感じる。

投手では相当身長が高い部類に入るのではないかと思う。

身長187cmに対して97キロの体重。

速球派の投手として知られている。

 

右投げ右打ちの投手になるんだが、どんな経緯でプロの世界に入ったのか紹介していこうと思う!

 

高校からの紹介になるが、大分県内にある私立校である「柳ヶ浦高等学校」に進学することになる。

 

高校1年の2003年に開催された第85回全国高等学校野球選手権大会で出場することになる。

 

しかし、茨城県の代表校である常総学院高等学校の前に勝利することが出来ず、無念の一回戦敗退となってしまうんだ。

 

甲子園に出場するだけでも、相当いばらの道ではあるがやはり全国屈指の強豪校が集まる甲子園では一勝をすることも相当難しいと言うことを心に刻んだのではないかと思う

 

この悔しさをバネに相当厳しい練習を積んで来たことになるが、翌年の2004年には秋季九州大会・明治神宮大会でチームを優勝に導くことになる。

 

大きな大会で優勝すると言うことは、容易なことではない。

 

秋季大会と明治神宮大会の活躍により、翌年の春の甲子園に出場することが出来る。

 

しかし、一回戦は奈良県代表の天理高校。

天理高校と言えば、甲子園常連校であり超強豪校と言える。

初回に151キロの球速を記録するも、勝利することは出来なかった。

 

中々甲子園で一勝が出来なく、日々の練習に励んでおり夏の甲子園も出場を目指していたが大分県準決勝まで進むも敗退してしまい最後の夏は県大会予選で終わってしまった。

 

ここまで甲子園に出場出来るのは相当凄いことだと思うし、本当に後一歩の所まで行ったんだけど惜しかったな。

 

2005年に開催されたドラフト会議では、横浜ベイスターズ(現DeNAベイスターズ)から1位指名を受けて契約金9,000万円、年俸870万円で入団することになるんだ。

 

では、次のテーマで山口俊投手の年俸推移について紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



山口俊投手の年俸推移!

では、箇条書きで年俸推移を紹介だ

 

2006年 870万円  横浜ベイスターズ

 

2007年 950万円  横浜ベイスターズ

 

2008年 880万円  横浜ベイスターズ 

 

2009年 1000万円  横浜ベイスターズ

 

2010年 3000万円  横浜ベイスターズ

 

2011年 5400万円  横浜ベイスターズ

 

2012年 1億円    横浜DeNAベイスターズ 

 

2013年 1億円    横浜DeNAベイスターズ 

 

2014年 8000万円   横浜DeNAベイスターズ 

 

2015年 8800万円  横浜DeNAベイスターズ 

 

2016年 8000万円  横浜DeNAベイスターズ 

 

2017年   2億3000万円 読売ジャイアンツ

 

2018年   2億3000万円 読売ジャイアンツ

 

上の年俸を見て貰ったら分かると思うが、右肩上がりに年俸が上がっている。

 

巨人に移籍すると横浜時代の倍は年俸を貰っているんだよな。

 

さすが、巨人だよな。

年俸も2億円を超えているな。

スポンサードリンク



背番号や球種や球速は?2018年成績予想も!

 

背番号は42を貰っている。

 

球種は、スライダーフォーク・カーブ・シュート

 

球種の中でもフォークを多用しておりそれほど自身がある球種と言うことが分かる。

 

2018年の成績予想になるが、30試合以上は登板して欲しいと思う。

 

勝利数は5は欲しいところ。

 

防御率は3を切りたい所ではあるよな。

元々実力がある選手だけに、これからの活躍に期待したい

 

【関連記事】

山口俊投手が現在2018年に巨人復帰の可能性は?解雇の場合の契約金はいくら?

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください